関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ これぞ諏訪人の心意気!天下の大祭御柱祭
日本三大奇祭

これぞ諏訪人の心意気!天下の大祭御柱祭

御柱祭では、七年に一度信州・諏訪大社の宝殿を建営し、社殿の四隅にあるモミの柱を建て替えます。御柱祭の始まりは定かではありませんが、平安初期の桓武天皇(781~806)の時代には祭りが行われていたという記録がみられます。長さ約17m、直径1m余り、重さ10トンを超える巨木を山から伐り出し、人力のみで柱の曳き建てを行いますが、道中「木落し」「川越し」等迫力満点の場面がある勇壮な祭りは、諏訪地方の6市町村21万人の氏子がこぞって参加する天下の大祭です。秋には各地区にある神社(小宮)でも御柱祭が行われるため、一年を通して諏訪地方は祭りに湧きます。写真は下社の木落しで、氏子を乗せた柱が急坂を下ります。


上社山出しの見どころ「川越し」

上社の御柱は、途中で「神の川」ともいわれる宮川を渡り、冷たい4月の雪解け水で氏子共々清められます。


諏訪大社の御柱祭
アクセス 駐車場:あり
所在地 長野県諏訪市中洲宮山 1(上社社務所)
お問合せ先 0266-52-1919(上社社務所)
休日 【備考】次回は平成28(2016)年に行われます
ホームページURL http://suwataisha.or.jp/

まだまだあります見どころ満載!

信濃ノ国一宮 諏訪大社

諏訪大社には上社下社合わせて4つのお宮があり、現在全国の御分社の数は1万を超えるといわれます。

祭りの賑わい

柱の曳行のまわりでは長持や騎馬行列などが披露され、街道の人々の目を楽しませてくれます。

里曳きのクライマックス

里曳きの最後を飾る建て御柱の際には、境内は人で埋め尽くされ、皆が建ち行く柱を見守ります。

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO