関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ 鶴岡八幡宮
日本三大神宮

鶴岡八幡宮

康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年(1180)に八幡宮を現在の地にお遷しし、 建久2年(1191)に上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心としました。 現在の御本殿は、文政11年(1828)江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による代表的な江戸建築で、若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 境内には源頼朝公、実朝公をお祀りする白旗神社をはじめとする境内社のほか、静御前ゆかりの舞殿や段葛が八百年の長い歴史を伝えています。


例大祭

毎年9月14日から16日までの3日間、例大祭が執り行われます。 文治3年(1187)8月15日に放生会(ほうじょうえ)と流鏑馬が始行されたとあり、以来絶えることなく続く、一年を通じて最も重い祭事です。


鶴岡八幡宮
所在地 〒248-8588 鎌倉市雪ノ下2-1-31
お問合せ先 ℡0467-22-0315(鶴岡八幡宮社務所)
Fax0467-22-4667
ホームページURL http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html

まだまだあります見どころ満載!

ぼんぼり祭

毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭です。

段葛

頼朝公の妻政子の安産を祈願して造られた参道で、春には桜、つつじが満開になり、花のトンネルが出来ます。

神苑ぼたん庭園

正月ぼたん、春ぼたんが植えられており、毎年冬から春にかけて大勢の拝観者でにぎわいます。

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO