関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ 小江戸情緒ただよう蔵の街・川越
関東・観光バスで行く名所100選

小江戸情緒ただよう蔵の街・川越

川越を初めて歩くなら外せないエリア、川越蔵の街。西武新宿線を本川越で降り、駅前の「中央通り」を道なりに北へ15分ほど歩くと、やがて通りに沿って蔵造りの町並みが現れます。 ここの魅力は何といっても蔵づくり・時の鐘を代表とする歴史的建物群。醸し出す雰囲気はまるで町そのものが博物館のよう。江戸・明治・大正期の古き良きものがそのまま残っています。 メインストリート沿いには蔵造りの家の他、レトロな洋館も残っています。 建ち並ぶ蔵の中には、蔵造り資料館があります。明治時代の煙草卸商の店舗だった蔵を保存し、一般に公開しているものです。ここでは蔵造り資料館と本丸御殿、市立博物館のお得な共通入場券を販売しています。


絢爛豪華な山車の競演・川越祭り

江戸の祭りの様式に影響を受けたと言われている川越祭り。最大の見ものは絢爛豪華な山車です。
市内の町内ごとに保有する山車は指定文化財にされているものも多数あり、その歴史的価値と美しさは必見!引き手の美しい着物や町中にあふれるお囃子のリズム、沢山の屋台と、江戸の祭りの雰囲気を今に伝えるお祭りです。


蔵の町(川越市)
所在地 埼玉県川越市
お問合せ先 049-224-8811
ホームページURL http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1099288676006/index.html

まだまだあります見どころ満載!

時の鐘

川越のシンボル、時の鐘。江戸時代から400年以上、今も現役で市民に時を告げています。環境庁「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

だるま祭り

毎年1月3日は川越大師喜多院の初大師(縁日)とだるま市の日。様々な開運・諸願成就を願ってだるまを買い求める多くの人々でにぎわいます。

菓子屋横丁

明治の初めから菓子製造が始まり、昭和には駄菓子の製造で栄えた横丁。昭和ロマン漂う通りに、昔懐かしい味を今に伝える菓子の店が立ち並びます。

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO