関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ 小田原城址公園
日本の100名城

小田原城址公園

小田原城が初めて築かれたのは15世紀中頃で、1500年頃に戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭に発展しました。江戸時代を迎えると徳川家康の支配するところとなり、大規模な改修工事により近世城郭として生まれ変わり、幕末まで重要な役割を担ってきました。現在は、本丸を中心に「城址公園」として整備され、梅、桜、つつじ、花菖蒲・あじさいなど花の名所として知られ、市民や観光客の憩いの場になっています。


小田原城天守閣

現在の天守閣は、昭和35年(1960)に復興したもので、内部は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料を展示しています。標高約60メートルの最上階からは相模湾が一望できます。入館料一般400円、小中学生150円。


小田原城
アクセス 周辺に有料駐車場あり
所在地 神奈川県小田原市城内6-1
お問合せ先 0465-23-1373
休日 営業時間 9:00~17:00(入館16:30まで)
休日 12/31、1/1、12月第2水曜日
ホームページURL http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/

まだまだあります見どころ満載!

小田原城歴史見聞館

小田原城の始まりから、現在に至るまでの歴史を、模型や映像で分かりやすく展示しています。入館料一般300円、小中学生100円。

城門(銅門、常盤木門など)

馬出門が平成22年に復元し、銅門(平成9年復元)、常盤木門(昭和46年復興)とあわせて、二の丸から天守へ至る江戸時代の登城ルート上の門が揃いました。

こども遊園地と甲冑・打掛体験

鎧兜や着物を着て、武士やお姫様に変身できます。小さいお子さまに人気のこども遊園地では、豆汽車や豆自動車、メリーカップなどが楽しめます

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO