関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ 大地獄と呼ばれていた大涌谷
関東・観光バスで行く名所100選

大地獄と呼ばれていた大涌谷

約3000年前、箱根火山で水蒸気爆発による山崩れが発生し堆積物が地表を覆いました。 さらにその100年後、小規模な火砕流が発生、冠ヶ岳ができ、また火山砕屑物が積もりました。この2つの山崩れによる堆積物と火山砕屑物の間が現在の大涌谷と呼ばれる場所です。かつては「大地獄」と呼ばれていたのですが、1873年(明治6年)8月5日の明治天皇・皇后のご訪問を前に、現在の「大涌谷」に改称されました。 その後、大涌谷観光センターが整備され、観光用に噴煙や硫黄を見ることが出来るようになり、現在では箱根の代表的な観光スポットとして多くの観光客で日々賑わっています。


荒涼とした大地に白煙昇る

大涌谷周辺は、今も硫化水素を含む白煙が上がり、その火山活動の様子を間近に見ることができる貴重な場所です。名物「黒たまご」を食べるもよし。神山などへ登山に訪れるもよし。「大地獄」の名がふさわしい絶景をぜひ訪ねてください。


大涌谷
所在地 神奈川県箱根町大涌谷
お問合せ先 0460-85-5700(箱根町観光協会・総合案内所)
休日 【備考】
大涌谷周辺では、人体に有害な火山性ガス(硫化水素、二酸化硫黄)が発生しています。臭いが強いときや、目・鼻・喉に刺激を感じるときは危険ですので、その場から退去してください。なお、研究路の入り口部や研究路内に注意看板が設置してありますので、よく読んで、体調の悪い方等は、立ち入らない等、十分に注意してください。火山性ガスの噴出が特に強い時は、自然研究路の通行を禁止する場合もありますので、ご理解願います。

まだまだあります見どころ満載!

大涌谷延命地蔵尊

千百年余り昔、弘法大師が諸国遍歴の旅の途中、この地の風景をさながら地獄のようだと心を痛め、人々の救済を祈願したのが始まりといわれています。現在では、「延命子育ての地蔵」としても知られています。

寿命が延びる!黒たまご

大涌谷延命地蔵尊にあやかり、「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われています。「7年寿命が延びる」は7という数字が縁起が良いため、いつの間にか言われ始めたものです。

大涌谷 地獄つけめん

大涌谷の景色を模した黒玉子型の焼き鉄へ熱々の和風豚骨スープを注ぐと、まるで器の中が噴煙舞う大涌谷のように見えます。 ※ 「石焼黒玉子」は大変熱いですので、十分ご注意ください。

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO