関東には数多くの名所があります。
「関東の旅」では、その名所を様々な角度から厳選しピックアップしました!どちらも自信を持ってお勧めできる名所中の名所です!
TOP ≫ 関東100選 ≫ 重要文化財で有名な甲斐善光寺
関東・観光バスで行く名所100選

重要文化財で有名な甲斐善光寺

善光寺は、武田信玄が川中島合戦の折に、信濃の善光寺の消失を恐れて永禄元年(1558年)に御本尊や仏様を奉遷したことから始まっています。 江戸時代には、本坊三院十五庵を有する大寺院として徳川家位牌所にもなっていました。 豪壮な七堂伽藍は、一度焼失しましたが再建され、東日本最大級の伽藍として広く知られています。 重要文化財5件・県指定文化財4件・市指定文化財8件をはじめとする文化財の宝庫としても著名で、その一部は宝物館で公開されています。


善光寺金堂

善光寺金堂は、善光寺に特有の撞木造(しゅもくづくり)と呼ばれる形式で建てられています。文化財指定木造建築物として日本で十指に入る巨大なもので、重層建築の山門とともに重要文化財に指定されています。 金堂下には「心」の字をかたどる珍しいお戒壇廻りもあり、鍵に触れることで御本尊様とご縁が結ばれると言われています。


善光寺
所在地 〒400-0806 山梨県甲府市善光寺3-36-1
お問合せ先 055-233-7570
ホームページURL http://www.kai-zenkoji.or.jp/

まだまだあります見どころ満載!

最古の源頼朝木像

信濃善光寺を復興した大檀那として知られ、信州・甲州の善光寺には、かつて源三代将軍堂がありました。この像はそこに祀られていたもので、文保三年の銘があり、源頼朝像としては、日本最古の彫像として知られています。

最古の源実朝木像

鎌倉幕府第三代将軍源実朝の、現存最古の彫像として知られております。ご覧の通りの高貴な面貌は、頼朝像とは対照的です。こちらも、信濃善光寺より伝来したものです。

境内鐘楼堂の銅鐸

境内鐘楼堂の銅鐸(県指定文化財)は、信州から引きずって運んだ「引きずりの鐘」として知られ、現在も時を告げています。

関東百選アクセス情報

関東観光情報ポータルサイト「関東の旅」で旅行がもっと楽しくなる!

Welcome to KANTO